爪を噛む癖を治す4つの方法!大人になっても爪を噛んでしまう原因は?

子供が爪を噛んでるのはよく見かけますが、意外に大人にも多いのです。

私も何年か前までは噛んでいました。。。だから爪を見たら『この人、爪噛んでるな!』と

すぐに分かってしまいますw治したいけど無意識に噛んでしまう気持ち痛いほど分かります。

そんな厄介な爪噛み癖を治す方法と、原因を色々書いてみました。

スポンサーリンク

なぜ爪を噛んでしまうのか?原因は?

大人になっても爪を噛んでしまう原因はの一つは、ストレスと言われています。

仕事場でのストレス、家庭でのストレス、友人関係のストレスなど日々溜まっている

ストレスを爪を噛むことによって解消しています。

あとは、不安な気持ちになった時や心配事でいてもたってもいられない時も爪を噛んで

気持ちを落ち着かせています。性格で言うと、デリケートな人・神経質で心配性な人・

精神的に幼い人が爪を噛んだりする事が多いみたいです^^;

私も物事がうまくいかない時や、イライラした時は無意識に噛んでしまっていて、

気付いた時には『あ~またやってしまった…せっかく少し伸びてきてたのに(´;ω;`)』と

後悔してはまた噛んでの繰り返しで、爪を見られるのが恥ずかしかったです。

でも不思議と人前では絶対に噛みませんでしたwそこのプライドは高かったようです(=゚ω゚)ノw

スポンサーリンク

爪を噛むことで発生するデメリット!

爪を噛むことで気持ちは落ち着くのですが、デメリットもあります。

ネイルができない

女性なら綺麗にネイルをして美意識を高めたいはずなのに、爪を噛んでいるので

塗る範囲も狭く、小さい爪が目立って逆に恥ずかしいですよね。(私はそうでした・・・)

爪がコンプレックスになる

人は爪に目がいく機会がとても多く例えば、人に何かを渡すとき、彼氏(彼女)と手を繋ぐとき、

グラスなどを持っているとき、名刺交換のとき‥など、爪に目線がいきませんか?

コンビニの店員さんにお釣りをもらうときなんかも、爪に目がいきます。というか、

爪噛み癖があったから余計に爪には敏感なのかもですw

噛みすぎて血が出る

爪以外に、皮膚も噛む癖がついていると噛みすぎてが出てしまう事もあります。

感染症

手には色んながついているので爪を噛む人は口にそのまま菌を運んでしまうので、

風邪やインフルエンザにかかる可能性が高くなります。そして皮膚まで噛んで血が出て

しまって、そこから菌が入れば化膿する可能性もあります。

爪が無いと不便

シールを剥がすときや、落ちた紙などを拾うときに多少でも爪が無いとなかなか

拾ったりできません。爪は意外と使いますw

不潔に見られる

爪が変形していたり、小さいと不潔に見えてしまいます。

スポンサーリンク

爪噛み癖を治す4つの方法!!

爪は綺麗に越したことはないので、自分の為にも爪を噛む癖は治しておいた方が

絶対にいいです!!悩んでる人は以下の事を試してぜひ『脱・爪噛み』できるように、

頑張ってみて下さい^^

マスキングテープを指先に貼って強制的に噛めない状況を作る

マスクをして無意識に噛んでしまうのを防ぐ

保湿用の手袋をして噛むのを防ぐ(ハンドクリームを塗っておくと手もスベスベになり一石二鳥)

爪噛み防止用のグッズを買う

(苦味成分が入っていて爪噛みを防止できる。ネットで簡単に買えます)

自分に合うものを試してみて下さい^^ちなみに私は、手袋やマスキングテープなどを使って

爪を噛む癖を治しました♪

スポンサーリンク

まとめ

爪を噛むのは長年の癖なので治すのに時間がかかってしまいますが、

根気強く頑張ってください。一旦綺麗に伸ばしてみると、噛んでいた頃の爪に戻るのが

怖くて噛まないようになっていきますし、女性ならネイルをして美意識が高まるので

女性らしい手元になって気分も上がりますし、男性なら爪が綺麗だと女性からも

とてもポイントが上がります。なのでぜひ頑張ってみてください。

最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました